アルメニア国際設計コンペ

新井清一氏(アライ・アーキテクツ)

京都精華大学建築学科のプロフェッサー・アーキテクト新井清一氏が、アルメニアの首都エレバンで開催された「アルメニア国際設計コンペ」で最優秀賞を受賞した。 登録総数1145件、応募総数275チーム。ファイナリスト6チームの中から新井氏が選出された。
計画内容は、敷地面積5ヘクタール。延床面積約300,000平米に、高さ90mのレジデンス棟をはじめ、101mのホテル、20mのオフィス、ビジネス・センター、商業施設などを含む巨大な複合施設。 敷地は市街を一望する丘の上にあり、アララト山が景色の一部として入ってくる特別な場所。 これらの環境条件から、建物は音楽のコンポジションのように、建築とランドスケープ、内部の延長、外部の介入などのインタラクティブな関係を、空間的に融合させながら構築したデザインである。 建築の存在と、広場、リズミカル・ガーデン、修景ガーデンなどと、アララト山を借景の一部としたシーンの演出が特徴だ。 建物(レジデンス棟)の特徴は、すべての部屋が南方向、すなわち市の中心部およびアララト山を視野に納めることを前提として計画された。 そのため建築形態が、ライン川のような曲線を描いている。3〜4年後の完成が予定されている。